« 春・・・・・・・・・。 | トップページ | 自作。。。。。その② »

2011年6月 8日 (水)

地元アジング調査その・・・?

 

またしても、久々の更新です(^_^;)。

 

最近はなにかと忙しくて思うように釣りに行けず・・・。

それに伴い・・・ブログもおサボりしてました・・・(゜.゜)。

なんか・・・釣行に行けないと書く気力も湧かないし・・・・・(汗)

 

 

・・・そんなおり、いつもブログにコメントを頂いてる

ハ○ダさんから地元アジに関するホット情報が入電!♪

 

 

ポイントもウチから近くなので

久しぶりにアジングタックルを持って

気分転換に行ってきました♪

(実は・・・前日に連絡をもらったのに「マルモのおきて」観ながら途中で爆睡してて連絡取れたのが翌日だった・・・のはナイショです・・・(-ε-o)ボソッ。)

 

 

情報通り、アジが入ってるのは確認できたんですが

これまた情報通り、アタックはしてくるけど捕食はしない・・・。

ハ○ダさんも合流してくれて2人で手を変え品を変え色々と試してみるも・・・・。

回遊していて一か所に落ち着かないのと数が少ないため、この状態で釣るのはほぼ不可能・・・・・。

 

まさに高知アジングの真骨頂!のような状況(^_^;)

 

回遊が止んでアジが落ち着いて餌を追うタイミングまでジッと待ってれば・・・・・。

なんて事も出来ないので!(笑)

きっぱりと諦めて解散!(笑)

 

こういう時、ポイントが近いっていうのは良いですね~♪(笑)

 

だって、PM10時には自宅に帰れるし♪(爆)

 

また1つ、貴重なポイントデータも出来たし!

 

 

ハ○ダさん、お忙しい所お付き合いして頂きまして

ありがとうございました(*・ω・)*_ _))ペコリン。

また、遊びに行きましょうね♪(*^-^)ニコ

 

 

 

 

 

 

 

|

« 春・・・・・・・・・。 | トップページ | 自作。。。。。その② »

アジング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(^_^)/調査お疲れ様でした&コーヒーごちそう様でした、ガセみたいな情報で恐縮です┓( ̄∇ ̄;)┏まさに高知の真骨頂的な難しさでしたが、アレを釣ることができれば引き出しが増えるかなと思い夜中に再度出動してました(ホントはただ寝付けなかっただけですが)がライズはしてましたがやはり釣れず…雨が降り出したので帰ってきました、引き続き調査しますのでまたご報告しますね。

投稿: ハラダ | 2011年6月 8日 (水) 06時53分

近くで釣れればホンマに良いんですがね(笑)

烏賊なら近くでも釣れるがやけんど。

でもこの前かなりデカい鯵も近くで釣れてたようで・・
情報が遅いのがたまに傷ですがヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

引きつ続き調査ヨロシク(*^^)V

投稿: 英ちゃん | 2011年6月 8日 (水) 06時54分

この周りのアジはホントに気難しいね┐(´д`)┌ヤレヤレ

以前に、引く. 落とす.だけじゃなく、Mキャロに"鞭"を入れたら喰った事が有ります(笑)


投稿: オジマン | 2011年6月 8日 (水) 21時15分

>ハラダさん☆
 
 
先日はお疲れ様でした(*^^)v
 
>ガセみたいな情報で恐縮です┓( ̄∇ ̄;)┏
 
いえいえo(^-^)o
高知のアジングはほとんどがあんな状況ですから気になさらないでください(笑)
僕ももっと勉強してあのアジを食わせられるようになれるように頑張ります(汗)

投稿: ケイエス | 2011年6月 9日 (木) 23時09分

>英ちゃん☆
 
 
僕は烏賊ですら近所でよう釣らんなってます・・・(ToT)
ただいま怒涛の○○連敗ちゅう・・・・・(ノω・、) ウゥ・・・

投稿: ケイエス | 2011年6月 9日 (木) 23時13分

>オジマンさん☆
 
   
Mキャロにムチ入れるって・・・どうやるんですか?(笑)
こんどこっそり教えて下さい(笑)
 
   
けど、ほんとにこの辺のアジは難しいですねぇ。
愛媛なら食い気のある奴を探して回ればなんとかアジングが成立するけど、このあたりじゃそれができ無いのが難点です・・・(^_^;)

投稿: ケイエス | 2011年6月 9日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1171641/40306836

この記事へのトラックバック一覧です: 地元アジング調査その・・・?:

« 春・・・・・・・・・。 | トップページ | 自作。。。。。その② »