« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月29日 (火)

悩む~~~。。。。。

ここ数日、朝晩が気持ち?涼しくなってきましたね。


それに伴い。

前回の釣行から、少しづつ、釣り欲がじわじわと
出始めました。。。。。(笑)

 

今日は、前回作ったアシストフックを
手持ちのジグ達に装着したり。。。

007_3

ネットを徘徊して、メタルなジグ達を快適に
使えるロッドを検索したり。。。。。


不意な青物も想定するとやっぱり、長めで
最低40gまでは投げられる竿が欲しい。。。。

 

欲を言えば、オフシーズンにヒラメやシーバスも
兼用できそうなロッド。。。


そんなこんなも考慮して(笑)
いろいろ探してみた。。。




今のところの候補は。。。
(以下メーカーページよりコピペ。。。)

 

AbuのKRシリーズの。


SXKS-912HF-KR

 

 

【モンスターハタを獲るための専用モデル】

ロングレングス、大型ハタ専用モデル。

ベリー部のストップポイント(軽く曲げた時の頂点)をティップ寄りにしたエクストラファーストテーパーに仕上げにすることで、

ハタ類特有の下に突っ込む強力なランを瞬時に止める事が可能。

繊細なティップがルアーを丁寧に操作しやすく、フッキング力を上げ、ストップ感が強い強靭なベリー部からバットパワーで一気に魚を根から引き剥がし、

手前のかけあがりのエッジにも潜らせないための専用テーパー設計。

また9ft以上というレングス長を活かしロッドを立てて、根をかわし、魚の根に潜ろうとするのを防ぐ事も可能。

 

 

 

バレーヒルのCPHSシリーズの。

 

 

CPHS-78M 「オールラウンド対応、スピニングモデル」

 

CPHS-90H「パワーゲーム対応、遠投モデル」

HRXシリーズ最長のパワーモデルです。沖のポイントを攻略するためのロングレングスとヘビーシンカーをストレスなくキャスト出来るパワーが特徴です。また遠投してリグを操作する際には、ボトムを感じとれる高い感度とストレスのない操作性を実現しながら、魚に対する喰い込みの良さも両立させています。

 

CPHS-910H/Plus

未知の領域に踏み込むため、さらなるロングキャストとロッドバランスに拘ったスピニングモデルです。遠投を可能にするクセの無いテーパーは、結果的にヘビーシンカーはもちろんライトシンカーの使用においても高い操作性を実現。ロックフィッシュゲームにおける様々な状況に応じて、最高のパフォーマンスを発揮します。

 

 

 

ダイワのHRF AIRシリーズの。

 

 

92Hスピニング 誰よりも遠くへ飛ばし、ターゲットを追い求める。そんなアングラーをHVFナノプラスが実現させた高強度でありながら軽量なブランクが振り抜きをサポートし、ファイトの際には、ネジレに対する最適構造X45と、継ぎのパワーロスを防ぐV-ジョイントがサポート。

 




値段でいくと、Abuかバレーヒルの二択。

実質2万弱で買えるのは非常に理想。。。

 

でも、DAIWAもネットで探せばバレーヒルと大差ない
金額で買える所もあるし。。。

今使ってるDAIWAのHRF・KJの83も思いのほか
軽くて、トルク、粘りもあるし、嫌いなロッドじゃないんで
このAIRは気になるところ。。。。。


 

Abuの912はこの説明文がすごく僕の理想に近く。。。。


バレーヒルの90H、910HPiusは動画で見た感じの
調子が良さそうだし。。。。。

 
 

近くで店頭に並べてるお店もなく
直に触って確認することも出来ないし。。。



う~~~ん。。。。

悩む~~~~(;´Д`)。。。


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

アシストフック。。。

既製品買ってきて(右)
見よう見まねで作ってみました。

063_2

芯抜きタイプ(左)と芯アリタイプ(真ん中)。

やっぱり芯が無い方がなめらかに
動きそうで良さそうかな?




これで、釣れますように。(o ̄∇ ̄o)♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

久々な釣行。。。

もうどれくらい釣りに行ってないのか・・・。
それすらも思い出せない今日この頃。。。(汗)


そんなおりに、上の子が釣りに行きたいと言うので。
先週末、ちょー久しぶりに釣りに行って来ました! (汗)


とは言っても・・・。
今回は、上の子の友人含め、3人のガイド役ですので
ほぼほぼ自分の釣りはできない覚悟の寂しい釣行です。。。


明るいうちに釣り方や、ポイントのレクチャーをしたいと
思い、少し早めの、AM9:00に自宅を出発。

道中、あちこち寄り道をしながら、PM1:00に現場に到着。

最初のポイントで、リグの説明や、釣り方などを教えつつ
僕はすぐそばで釣りをしてるみんなを見守る。。。

ポイントを変えながら、日の暮れまで。
大粒の汗をぬぐいながら、根掛かりで切れたラインの
ノット作業をひたすら繰り返し。。。。

ここまでの釣果は、カマス8匹と、リリースサイズな
マハタ(ヤミハタ?)のお子様7匹、同じくお子様なガシラ
途中で釣れたアジを泳がせてたらたまたま釣れた、オオモン
1匹。。。

これは、「釣った」じゃ無くて「釣れた」だから、無かった事に。。。(汗)

010

002

夜になり、アジングがしたいと言うので
また、リグを作り、その姿を見守る。。。

幸か不幸か。。。
この日は極豆アジしか入って無く。

30分に1匹程度釣れるか釣れないか・・・。

こんな状況でも、誰ひとり止めるとは言わず
ひたすらにキャストを繰り返してる。。。

若いって・・・素晴らしいね!。。。(泣)

気が付けば、予定してた仮眠時間もとうに過ぎ。。。

この時点で、AM3時。

5時には青物狙いのポイントに入るつもりだったんで
ひとまず移動。。。


「このまま、少し仮眠をしようか」と言うも。。。

「夜明けまで、もう少しアジングしたい」と言うので
仕方なく、しばし放置。。。。(汗)

夜明けが近づいてきたんで、僕は
青物用のタックルを準備して釣り座に。。。

そのタックルを渡して、釣り方を教えて、数投した辺りから。。。

みんな揃って、おおあくび。。。。

中には、座り込んでウトウトするやつも。。。

だから仮眠しようって言ったのに。。。。



かなりやる気ゼロに近い子供たち。。。

とは言っても、せっかくのゴールデンタイムに
何もしないのも勿体無いんで。

子供に渡してたタックルをウトウトしてる手から奪い(笑)
気になってた、メタルジグを結び、投げる!!!


その3投目。

キャスト後の着底寸前に違和感!

反射的に合わせたら、がっちり掛かってた!

底ギリギリだったんで、「青物じゃ無い」と思い
底を切る為にひたすらゴリ巻き!

ひょっとしたら大物なハタかも?と思わせる引きに
内心ドキドキしながら、ドラグを出す引きに耐えながら
慎重にランディング。。。

堤防が高く、抜き上げも出来そうに無かったんで
子供に網を準備してもらって、しばしやり取りを。。。

10分後。。。

やっとの思いで浮いてきた魚は。。。

007_2

真鯛。。。

009_2

53cmでした。。。(汗)

タイラバより先にメタルジグ(よーじさんから貰ったジグ)
で釣ってしまった。。。(汗)


これを見た子供たちも俄然やる気が出て (笑)

眠い体を奮い立たせてひたすらにキャストを繰り返してましたが。。。

このままAM8時まで、何も釣れず。。。。

 

さすがに気力、体力も限界になり。。。

揃って、爆睡。。。

なので。。。

眠る子供たちを横目に、帰路の道中で数箇所。
グルーパー狙いで寄ってみたけど、釣れるのは
やはり、お子様ハタばかり。。。


時間もAM10時になり、暑いんで。。。(汗)

改めて、帰路に着きました。。。


今回の釣行は、夏休みの思いで作り!と
自分の釣りは諦めてましたが、ほんの数時間しか
自分の釣りが出来なかった中でのこの釣果に。。。
「苦労は報われるんだ!」。。。
その言葉が身にしみた1日となりました!(笑)

肝心の子供たちも思う存分今回の釣行を楽しんでくれた
様子だったので、たまにはこんなのも良いかな!?(汗)


015

この日の釣果は。

僕の鯛を筆頭に(笑)

オオモンハタ、カマス、アジ、ハタンポ、○○○○、アナゴ。

など多種に渡り、終わってみれば、好釣果となりました。


次は、シーズンが終わるまでに、グルーパーの
リベンジに行きたいと思います!









| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »