アジングタックル

2016年12月 7日 (水)

モーリス TFL-63s 着弾!

手間取ってるようだったんで
到着はもう少し後かと思ってたら。。。
 
今日、手元に届きました!!

023
 
この値段で、セミハードケース付き!
 
025_2
 
ウエダの時みたいな注意書きは無かったけど(笑)
懐かしいタグですね~。
 
013_2
 
ネームも、ウエダの時よりは控えめな感じでは
ありますが、細いブランクに多くの文字が刻まれてます。
 
017_2
バットガイド。
 
016_2
エンド側。
 
014_2
 
009_2
このネームの感じが、たまらん!(笑)
 
010_2
リールシート。
 
006_3
エンドグリップとティップセクション。
 
 
エンドグリップも小さいからほぼ握った感が無い(笑)



今回、初めて触って驚いた点が3つ。



1つ目は、ティップの細さ!
 
鮎竿の穂先を使ってるって事だったんで
一番に気になってた所だったんですが
とにかく細い(汗)
 
鮎竿の穂先なんで、粘りもあって簡単に折れる事は
ないでしょうけど。。。
 
こんな小さなトップガイドも見たこと無いし(汗)

この部分はかなり危険な香りがします(笑)



2つ目は、ロッドバランス。

ロッド重量は約45gとの事だったんで
かなり先重りするのかと思ってたけど
僕の持ってる、06'ツインパMg 1000PGSを
付けてバランスをみてみたら、なんと!
リールシートのフロントロックナットの先端部が
平行バランスの支点でした!(・□・;)

多分触った感じ、バランサーも入ってない
はずなんで、この重量でこのバランスは
、流石!としか言いようがないですね。


3つ目は、作り(仕上げ)の良さ。
 
実質、4万円を切る値段ながら、細かい所まで
丁寧に作り込んでます。
 
振った感じも、全体的に細身なのにも関わらず
シャキっとして、張りもあります。
 
必要最小限の材料で組み上げてるにも
関わらず、精密にバランスを考えて
仕上げてるのが気に入りました!



あともう一つ。
 
001_2
 
免責が、バット部とティップ部の2ヶ所で構成されてます。
 
こんなのは、過去に買ったロッドでは
見たことありません(汗)
 
今回、63Sが2ピースなのは、修理の事を考えてなのかも
しれませんね。。。(汗)

   
今週末はルナウィークなんで、鱗付けは、年末辺りに
なりそうだけど、早くラインを通して振ってみたい!!!(笑)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

TFL・・・って、まじか!!。。。

N471_a
 
63S難民だった僕にも、希望の光が見えました!
 
受注生産みたいなんで、出来上がってくるまで
細かい部分は分かりませんが・・・。
 
個人的な希望としては、初代63Sのイメージで
出来上がってくると嬉しいんですけどね。。。。。
 
なにはともあれ、随分と久しぶりな
新規アジングロッド購入に。
 
今から、出来上がりが楽しみでしかたありません!(笑)
 
 
 
気になった方は、こちらで
ご確認を。。。。。
 



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

おNEWなアイテム♪

久々のヒットの予感!?
 
個人的に「ありやな~!」と思ったんで
買って来ました。
 
Img_20141007_131315
 
TICT アジスタ!
 
ショートフック、金針、ラウンドシンカー。
おまけの太めのアイ(笑)。
 
ひとまず、よく使うグラムを2つずつ。
 
極小ワーム中心で狙いたいとき用にって
事で、今回は(S)サイズだけですが
全てにおいて僕の理想のジグヘッドです!
 
 
 
次の釣行で使ってみて、良さそうだったら
(M)サイズも買っちゃうかも!?
 
とはいっても、今週は月もあるし
また台風も連チャンで来てるみたいなんで
行けるのは2週間後になりそうですが・・・
(^_^;)。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
あともう一つ。
 
釣りには全く関係ないけど。
 
今日やってた 世界選手権 体操男子。
 
あまりに日本代表が調子良さそうだったんで
途中からだけど、最後まで釘付けになって観て
ましたが・・・・・。
 
 
 
「あんな負け方はありえんし!」。。。(゚Д゚)ノ
 
 
 
 
あの状態から日本との点差、0.1で逆転って!
 
地元中国開催とはいえ、必死すぎるやろ!(笑)
 
採点時間の違いが出始めた時点で「あれ?」
とは思いましたが。。。
 
今思えば。
 
中国が最終演舞に決まった時点で
出来レースだったのかもしれないけど。。。
 
中国といい、韓国といい・・・。
 
どうしようもないね!!!
 
 
 
こういうのは昔からあることなのかも
しれませんが、最近は視聴者や観戦者の
方もある程度の競技の知識を持って観てる
人が多い中で、平然とああいう事が出来る
スポーツ大会に出てる選手の方達が。。。
 
可哀想すぎます・・・・・。
 
そして、観てるのも嫌になります。。。
 
はたして、日本開催でも日本も
同じことをするのでしょうか。。。?!
 
 
 
・・・・・。
 
少し取り乱しましたが。。。(笑)
 
もう少ししたら、太刀魚も始まるし♪
 
アジも大きくなるし♪
 
もちろん烏賊も!♪
 
楽しいシーズンの始まりです!
 
次の台風も大きな被害の無いまま
シーズンイン!したいですね~♪
 
 
 
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

弐号機。完成。・・・!?。

 

とは言ったものの・・・。

出来あがって、もう、

ずいぶ~~~んと

時間がたってるんですが・・・(^▽^;)

 

また、少しの間釣りにも行けそうに無く。

書くネタも無いので。。。(^-^;

 

一応ね(笑)。

 

今回の改良点。

(全体的に強度を重視した変更。)

 

① ホルダー部の内径と厚みの変更。

② リールフット部の差し込み深さを変更。

③ 本体支持を2ヶ所に変更し強度アップ。

④ エンド部までカバーできるよう長寸化。

⑤  クーラーの形状に合わせてコンパクト化。

⑥ 刺してビックリ、エギングロッドもOK!(笑)

⑦ 見た目の高級感もアップ!(爆)

⑧ もちろん、ホールド感も格段にアップ!(ここ重要!)

 

 

 

※壱号機。

20120201_203215_2_2

 

 

 

 

※弐号機。

20120308_203239_2

 

装着後。

20120308_204746_2_4

20120308_204731_2

 

20120321_211023_2_3

(TICT JSR-65改、ウエダ 66EX改、使用時。)

 

 

「せっかく作るんだから・・・」と

デザイン、クオリティーにこだわってみました(笑)

 

今回のを作るにあたって、注目した点は・・・。

 

ずばり!

”ロッドグリップの太さ”

 

前作は、あり合わせの材料と

勢いで作ったので。。。(笑)

 

ロッドを刺した時にホルダー内径と

グリップとのすき間が大きく

ロッドを刺して歩くと、ロッドが大きく揺れ

2本刺しの時は、ロッド同士が

”ガチャガチャ”と干渉して

「この状態だといつかは

ロッドティップが折れるかも?・・・」

と心配になるほど。。。(^_^;)

 

なので、今回は。

ホルダーの内径をグリップの太さに合わせて

よりホルダーとグリップの「ホールド感」を

出す様にしました。

 

20120321_211016_2_2

これで、ロッド同士の干渉も無くなり

移動時のロッドの揺れもほぼ無くなりました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

その他多数(笑)

20120306_180217_2

 

これは、いつもお世話になってる友人用に

作成。。。。。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

 

僕のヤツの更に改良版!

デザインを少し変えて、なおかつ

僕のより若干軽くなってます。(^O^)。

 

 

 


これがあるだけで

ポイントの移動の道中が

無茶苦茶楽になりました!

リグの組み替えの時も

ロッドを地面に置かずに済むしね(^O^)

これでしばらく使ってみて。

もっと軽くて丈夫な素材に出合えれば

また改良を加えるかも???

しれませんが。。。。。

 

ひとまず!

 

「完成~~~!!!?」

って事にします!(笑)

 

 

 

 

それとあともう一個。

ある方に使ってもらおうかと思い

製作中?なんですが・・・・・。

ここ最近なにかと忙しく。。。。。

制作途中で放置中・・・・・(汗)

 

。。。。。さん、もう少し?

待ってて下さい。(;^ω^)

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S:アイディア真似るのは良いけど

 

無断&商用は無しで。。。。。オネガイシマス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

分解、メンテ。

 

仕事のほうもだいぶ落ち着いてきたので。

 

ぐちゃぐちゃになってた頭の中を

リフレッシュするために(笑)

アジング用のリールのメンテナンスして

みました。

 

前回の釣行で初めて使った時に

若干。。。ノイズ?

が感じられた、09’ツインパMg。

今回は全分解してフル洗浄して

みることに(^^)

 

まずは、分解から。。。

195858_2


ひとしきりバラして、すべてのパーツを

拭き取り&洗浄。

 

それから、ベアリングの回転を一個一個

確認してみると。

マスターギアの両端についてる

ベアリングの回りがいまいち。。。

 

フリーで回してみると

何かが引っ掛ってる様な?感じ。。。。

 

異音の原因は多分この部分の

ベアリング。。。。。

 

なので、今回はベアリングの洗浄を

重点的にやってみることに。

 

195345_2


容器に洗浄液を入れてベアリングを

ドブズケ。。。。。

 

液の交換は2回位でいけるだろうと

思ってたんですが。。。。。

 

思惑以上にベアリング内にグリスが

廻ってたようで。。。

 

2回の洗浄でも、次から次へと

溶けだしたグリスが浮き出てくる。。。

 

なので。

一旦取り出し

一個一個フリーで回転させ

中に廻ってるグリスを拡散して。

洗浄液を交換して。

もう一度ドブズケ。。。

 

この作業を繰り返し。。。

溶けだしたグリスが無くなるまで。

 

洗浄液を変えること・・・6回。。。

 

やっと、すべてのベアリングが

正常通りに回るようになりました。。。(^_^;)

 

SARB系のベアリングの洗浄は

思ってた以上に手間がかかりますね~(汗)

 

こんな事ならあっさり、新しいベアリング

を買った方が楽だったかも?。。。(笑)

 

そして、今回、分解ついでに

ネットで見つけたある事も実践して

みました。

 

そのある事とは。。。。。

 

ずばり!

 

「ローラークラッチの軽量化!」

 

。。。って言われても

「なんのこっちゃい!」

ってな感じですよね。。。(笑)

 

まぁ、見てもらえれば分かると思いますので

さっそく。。。

 

183540_2_2


中央部に映ってるのが

ローラークラッチ部。

 

いわゆる、ベール部分が逆転しないように

するパーツです。

 

ここには本来なら、計6個の

バネと錘が組み込まれてるんですが。

 

その数を減らして3個にして

軽量化してしまおう!

というのが今回の作戦。。。。。

 

184657_2_2


組み上がりはこんな感じ。。。

(本来は対角線上にもう3個配置されてます。)

 

管釣り、エリアフィッシングなどでは

定番のチューンナップらしく。。。

 

「軽量化」、とはいっても、微妙な

グラム数なんですが。。。

 

とりあえず。。。。。

 

 

面白そうだからやってみました!(笑)

 

 

管釣りとは言っても。

実測で60オーバーの魚を

釣り上げるゲーム。

その釣りでも大丈夫なら。

良くて40センチやそこらの魚を

釣るアジングなら

全然、O.K!!

なんじゃない!?

 

ってな感覚なんですけどね!(笑)

 

 

 

 

はぁ。。。・・・(溜息)。

 

最近。。。

 

釣りにも行けず。。。

 

自宅と仕事場の往復をする毎日を

過ごしてて、つくずく思うのは。。。

 

こうやって釣り具をイジる事の

出来る時間が・・・。

何よりも癒される瞬間だと痛感する

僕って。。。

 

もう末期なんでしょうか!?

 

あぁ~~~~~!!!(笑)

 

 

糸冬り。。。。。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

ケイエス流。自作ジグヘッド?の作り方。

今週、いや、今月は

仕事やら子供の予定やらで

まったく遊びに行く時間が作れません(-_-;)

 

なので。。。。。

 

だい~~~ぶ前に・・・紹介した(;^ω^)

「自作ジグヘッド」。。。。。

 

その作り方を紹介しようかと思います♪

 

 

これは、型を取らずに製作するので誰でも?

簡単に作れます。♪



工程はいたって簡単?♪

    
まずは、作るのに必要な工具と材料。

Dscf0329_2

①各種ペンチ類。

②カッタ―。

③彫刻刀。(平打ちのヤツ)

④瞬間接着剤(ゼリー状)

⑤中通し錘(0.3号~1.5号)

⑥ジグフック(これはお好みのヤツで。)

(あと、写真には写ってないんですが、棒ヤスリなんかもあると仕上がりが綺麗になります)


 

まず、最初の工程は。

 

中通し錘の3分の1の部分を

ニッパーやカッタ―で斜めにカット。
Dscf0330_2


こんな感じで。

Dscf0331_2




次に、表面の平らなペンチを使い

リブ部分を作成。

Dscf0333_3



ここがこのジグヘッドを作るうえでの重要な部分。

 

単純に先端を角度を付けて

ペンチで挟んで潰していくんですが

ここの潰す角度でこのジグヘッドの動きが

大きく変わります。

Dscf0332_2

今回作っているのは、水切れが良く

レンジキープのし易いタイプ。


Dscf0333_3_2



※参考までに。

(この潰す角度を先端に近づけリブを浅く(小さく?)

すると、水抵抗が増え、引き感が増し軽いg数でも

操作感がアップします。)




Dscf0334_2

次の工程は、フックを差し込む部分の加工。

    
先ほど作ったリブ部をペンチで挟み、固定して。

彫刻刀、もしくは、カッタ―で慎重にセンターを狙って

刺す!(笑)

Dscf0336_2

この作業は、カッタ―よりは、刃先の硬い

彫刻刀の方が安全で、作業し易いと思います。

      

分かりにくいかとは思いますが(汗)

仕上がりは、こんな感じ。

Dscf0338_2

次に、フックの取付。



Dscf0340_2

瞬間接着剤を使い固定します。


(瞬間接着剤は、接着剤を付けてから後の作業がひと手間あるので、ゼリー状のヤツがおススメです。)


Dscf0341_2

※この時の前作業としましては。

先ほど作った溝をあらかじめ

フックの太さに合わせてペンチで挟み

調整しておくとフックの位置決めがしやすいです。


Dscf0342_2

バランスとしては。

鉛の横軸センターより少し上にフックを配置するように

セットします。

 

後は、鉛のフックを差し込んだ開いてる部分を

ペンチで挟みながら慎重に潰して。

 

最後は、棒ヤスリを使い余分なバリを削り

形を形成すれば、完成です。

 

※この「削る時」のポイントは。

 

削った時に出る「削りカス」がフックを刺した部分の

すき間を埋めてくれるので、故意にそのすき間に

削りカスを集めて行くようにすれば

仕上がりが綺麗になります。

なので、接着剤はゼリー状がおススメです。

221

ほ~ら簡単に出来上がり~!?(笑)

 

 

作る「コツ」!?としましては・・・。

 

最初、慣れるまでは、大きめの鉛を使って

ひたすら試作!!(笑)

 

これが一番の近道だと思います。

 

慣れてくれば、これを応用して

違った形状(オリジナル)のJ.Hも

簡単に作れると思いますよ~♪

 

非常にアバウトで分かりずらいかとは

思われますが・・・・・。

 

皆さんも、お試しあれ!!!(笑)

 

以上!

ケイエス流。

自作ジグヘッドの作り方!でした♪

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

アジングのお勉強。

久々、3年ぶり位?に買ってみました。

20120925_150907_2

っていっても、ブック○フですけど。。。(^▽^;)

 

アジングを始めた頃は、リグの勉強をするのに

バスフィッシングの雑誌は凄く勉強になりました。

 

ここ最近はアジングのカテゴリーも

少しネタ不足?になりつつあるのかなぁ~?

ってなことで(笑)

久しぶりに新しい発見を求めて・・・。

旧刊ですが(汗)

パラパラッと見て、良さそうなのを買ってみました。

 

ちなみにわたくし。。。

バスの経験は全く無いんですけどね。。。(^▽^;)

 

リグもそうだけど、ロッドの事についても

意外と勉強になるんですよ~(^O^)。

 

さぁ~て。。。お勉強、お勉強。((φ(・д・。)ホォホォ

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

NEWリール♪。

ひとまず、パソコンの前に。。。(^_^;)

 

ロッドが増えたので。


ジグヘッド用に新しくリールを購入しました。



Xシップ搭載機種とで悩みましたが。。。σ( ̄、 ̄=)。



今回はこれに。。。


20120916_175128

<0,9ツインパワーmg。>

中古ですが、夢屋のスプールと
0,3号のPEが付いて。

更に。。。。。


ショップの方は気付いて無かったみたいですが
ドラグノブも夢屋が付いてた(笑)



機関的には少し手直しが必要だったので
美品ってほどでは無いけど。。。

お値段は。。。お得でした(笑)

正に運命的な出会い?(笑)



帰ってから、リールスタンドと
ハンドルノブを変えて。

本体はばらしてグリスメンテ。

 

そして、ドラグ音が余りにも

ダ○輪チックだったので。。。

1347784977394_2



1347785466224_3

スプール内の→の部分にあるバネ?

(正式名称が分からない(笑))

を調整して従来の清楚な(笑)

(自分の好きな)

シマノサウンドに調整。

 

ホントは、12’のmgが出るのを

待ってたけど、一向に発表が無いし。

噂では、ツインパワーmgは

廃止になったとかならないとか?

 

10’ステラも考えたけど。。。

理性が働いて・・・。

却下。。。(笑)

 

以前、シマノのカーディフが

欲しかった事もあり。。。

今回これを見つけた時には

思わず即バイトでした(笑)

 

機能面も、これなら

なんの不満も無いし~♪(笑)

 

カスタムも気兼ね無く出来るし~♪(笑)

 

でも、フィーリング的には

この09’よりは06’の方が

好きだな~。。。と感じるのは・・・。

僕だけでしょうか?(笑)

 




これから、J.Hメインとして

これまでのリール達と共に

1347787009964_2

末永く頑張ってもらいます♪(笑)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

でけた!(笑)


まだ、3回目のスレッドのエポキシが
乾ききってないけど。。。


Photoshake_1347624003742


Photoshake_1346814807601



ひとまず明日のアジングで
シェイクダウンしてきます(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

ガイドの設定。

 

今週は釣りに行かなかったんで(汗)

 

製作中のロッドのガイド位置の調整をば。。。

 

20120908_153546_2


ひとまず、マスキングテープで仮止めをして

理想の曲がりの位置に1つづつ、微調整を

しながら合わせます。

20120908_153604_2

この作業は、ロッドを継ぎ、リールを付けて

ラインを通して、片方の手でラインを引いて

ロッドの曲がりを確認しながらやると

作業が早く済みます(v^ー°)

 

ガイドが理想の位置にセッティング出来たら

次は・・・。

20120908_154402_2_2


スケールをあてて、一個一個のガイドの幅を

測り、メモして・・・終了。。。

 

次回は、スレッド巻きです♪

 

ブランクの塗装作業を省いたから

工程が楽です!(笑)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)